障がい者を企業が採用することとは?


障害者採用(雇用)とは、企業が身体・精神・知的障害を持つ求職者を雇用することを意味します。

企業は、障害者の雇用の促進等に関する法律(障害者雇用促進法)により、法定雇用率と呼ばれる常時雇用している労働者数の2%以上の障害者を雇用することを義務付けられています。
しかし、現状は企業全体の実雇用率はまだ2%には至らず、法定雇用率を達成している企業は全体のおよそ半分となっています。

ただ、近年ではCSR(企業の社会的責任)やダイバーシティ(多様性)の考え方や風潮が強まり、障害をお持ちの方の雇用を後押しする時代へと少しずつ変わりはじめています。