就職活動の全体の流れ

ここでは就職活動全体の大まかな全体の流れを3点説明します。



1. 自己分析(就職の目的と方向性の明確化)

 

就職活動は、仕事に求める条件項目を整理し、自分が最も力を発揮できる環境とは何かを明確にした上で、企業を選ぶ活動です。就職によって、自分は何を叶えたいか?という目的を明確にする作業が「自己分析」です。業界、業種、仕事内容、勤務地、給与など、就職先を選ぶ上で必要な条件項目を思いつく限り挙げ、その中で重要だと思うものから順に並べてみましょう。重要度順に並べる際、なぜ「この項目は他よりも重要なのか」という点を自身の中で考え直してみることで、漠然と考えてきた「自分の将来像」を明確にすることができます。

 

 

2. 業界・企業・求人情報研究

 

自己分析を通じて、就職の目的を明確にしたら、次は企業を知るための作業です。企業の情報を入手し、自身の希望と当てはまるのはどこか調べましょう。企業情報は、各企業が個別に開催している説明会や合同説明会、企業HPや採用ページ、四季報などの書籍からも得られますが、重要なのは企業が出している「求人情報」を見ることです。求人情報は企業HPの他に、求職サイトやハローワーク、転職支援エージェントの経由の紹介でも見ることができます。 求人情報を見る際に重要なことは、「自身の希望に合った求人」を探すことです。自己分析で整理した条件内容を度外視して、「大企業だから」や「上場企業だから」といった理由だけで判断しないよう気を付けましょう。

 

 3. 応募書類と選考でのアピール

 

求人をチェックし、希望に合っていると判断したら、応募書類を送りましょう。

 

履歴書、職務経歴書などの応募書類だけでなく、面接などの選考においても共通して重要なのが、自分は「企業が求める人材像に合った人材」であるという点をアピールすることです。自身のアピールポイントが複数挙げられない場合でも、応募する企業ごとに記載を変え、その企業の業界や職種、人材像の特徴に照らし合わせて、書類や面接にむけた準備を行いましょう。会社の業界、規模、募集職種など、その求人の持つ特徴ごとに求める人材像は変わってきます。企業の「求める人材像」を求人から精査し、自身のアピール材料を使い分けましょう。