適性検査


適正検査とは、企業が求職者の基礎スキルをチェックするために、選考のなかで実施するテストです。テスト内容や過去の出題傾向を事前に調べた上で、対策をしてから臨むようにしましょう。

 

 

主な適正検査

 

1. 一般常識(SPI)テスト

言語(国語)、非言語(数学)、時事問題(政治・経済・スポーツ・文化・国際情勢)等、出題内容が幅広く、事前の対策や、時事情報の収集が必要です。最近では言語(国語力)に関するテストが多く出題されます。

※対策のために過去問集を使う際は、いくつもの問題集に手を出すのではなく、一つの問題集を最後まで、かつ繰り返しやるという方法が、限られた時間の中で対策を万全にする秘訣です。

 

 

2. 専門テスト

専門分野における最低限の知識やスキルがあるか、または専門的な思考ができているかなどが問われます。専門職を募集している企業で実施されるケースが多いです。

 

 

3. 外国語テスト

グローバルに事業展開する企業では、英語に限らず中国語など多様な外国語のできる人物が求められる場合があります。TOEICなど外国語系の資格がある場合は、取得点数をアピールするとともに、実務として何ができるレベルかまで説明できるようにしましょう。

 

 

4. PCテスト

企業によっては事務処理能力を判断するために、パソコンの実践を選考に取り入れる場合があります。

入力スピードや職務経歴書に記載されているスキルが本当に備わっているのか確認されることがあります。