企業研究


企業研究は、自己分析で整理した自分の「やりたいこと」、「働ける環境」、「自身のアピールポイント」にマッチする企業とは一体どんなところなのかを深堀するための活動です。

企業研究と自己分析の結果のすり合わせを行うことで、応募書類や面接などの選考時に必ず聞かれる二大項目「自己PR」と「志望動機」が完成します。

 

企業研究のポイント

企業は法律用語で「法人」です。企業も一種の「人」です。他人を理解するプロセスを踏まえて、相手(企業)の人柄を探ります。

 

 

1. 企業の見た目の特徴を知る

 

企業の基本情報として下記のポイントは必ず頭に入れましょう。

初めて見た企業の求人情報を読み解く際に、重要な手がかりとなる情報です。

企業の大きさや年齢、家族関係は、組織としての成熟度を表し、「制度やシステムは整っているけど、意思決定に時間がかかる」といった特徴を見出すきっかけに繋がる場合があります。必ずその法人の人物像を明らかにしましょう。

 

【注目ポイント】

・企業名(名前)

・規模(大きさ)

・出資元(国籍)

・沿革(年齢)

・拠点(住所)、

・子会社・グループ会社(家族関係)

  

 

2. 企業の価値観を知る

 

自分がこれから付き合っていく企業はどんな価値観の持ち主なのか理解しておきましょう。このポイントと、自己分析結果がマッチしているか否かが、自分に向いている企業であるかを判断する鍵になります。

 

【注目ポイント】

・企業理念

・HP上の経営者挨拶 etc

 

 

3. 企業が行っている仕事(事業内容)を知る

 

企業によってはいくつもの事業を抱えており、そのどこに自分が関わっていくか、入社前の段階でわからない場合もあります。どこに入っても困らないよう、企業が行っている事業内容は理解しておきましょう。

 

 

4. 企業の健康状態(社内状況)を知る

 

企業の内部について知る機会は非常に限られていますが、そこから得られる情報を元に、自分が馴染める環境であるか、また、会社が市場においてどんなポジションにいるのか、の2つのポイントに対して常にアンテナを張り巡らせておきましょう。

 

【注目ポイント】

・社風、先輩社員(学校のOB/OG)、現場の担当者(馴染める環境であるかをチェック)

・IR情報、経済トレンドニュース(企業が現在置かれている市場動向や最新ニュースをチェック)

 

 

5. 企業の敵を知る

 

企業には必ず「競合他社」がいます。他社の持つサービス内容や、それと比較して、自社が持つ独自性を調べることで、志望理由において、「なぜ弊社なのか?」という質問に対して独自の返答ができるようになります。

 

昨今、業界最大手の上場済み大企業でも安定して働ける補償はありません。大切なのは自己分析結果に基づいて企業を見極めることであり、この見極めの作業のために先入観を捨て、やりたい仕事できる業界や企業を研究しましょう。